池末Ryomo司法書士法人 足利オフィス

icon_seach栃木県・茨城県に対応

池末Ryomo司法書士法人 足利オフィス事務所写真
鈴木 隆将 (スズキ タカユキ)
池末Ryomo司法書士法人 足利オフィス 所属
この事務所の情報を自分や家族・友人等に、メールで送る事ができます。

アイフル過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

メールでのお問い合わせを24時間受付中 初回相談無料 0037-6030-17962

通話料無料 携帯電話からの通話も無料

お電話でのお問合せの流れ
事務所名事務所名 池末Ryomo司法書士法人 足利オフィス
営業時間営業時間 平日9:00~19:00
(時間外でも、事前に予約を頂ければご相談に応じます。)
(面談は事前予約制です)
住所住所 栃木県足利市朝倉町2-18-3KKタウン205
最寄駅最寄駅 東武伊勢崎線「東武和泉駅」より徒歩19分
東武伊勢崎線東武線「足利市駅」より徒歩20分
JR両毛線足利駅より徒歩34分

アイフル過払い金のポイント

≪相談料無料≫≪着手金0円≫アイフルなどの貸金業者に発生している過払い金のことならお任せください!

アイフルへの過払い請求のことなら、池末Ryomo司法書士法人 足利オフィスにおまかせください。

過払い金請求は永久にできるわけではありません!
業者との最終取引(完済日)から10年過ぎると過払い金請求ができなくなってしまいます!
過払い金の請求には期限が決められています。
業者との最終取引(完済日)から10年を過ぎると、過払い金の返還を受けていなくても、過払い金を請求することができなくなってしまいます。これを「消滅時効」と言います。
仮に2006年の最高裁判所の判決時に金融会社との取引が終了した方の場合、2016年までに過払い金の返還請求をしないと過払い金が戻ってこないことになります。

ご自身の借り入れ、返済の状況について少しでも疑問に思ったらすぐに池末Ryomo司法書士法人までご相談ください。
当事務所があなたの代わりに借金の借入・返済状況の調査や過払い金が発生しているかの計算から金融業者とのやり取りまで、あなたのご希望に沿った解決方法で過払い金を取り戻します!

相談料はかかりません。
まずはフリーダイヤル無料電話相談までご連絡ください。

費用目安

◆債務整理に関する相談料と、減額報酬は≪無料≫です!◆

【過払い金】
相談料/基本報酬/減額報酬 …… 無料
成功報酬 …… 返還額の19%(訴訟による報酬加算・裁判所への旅費日当はなし) 

【任意整理】
相談料/減額報酬 …… 無料
基本報酬 …… 3万円(1社あたり)
成功報酬 …… 返還額の19% ※過払い金が発生した場合のみ

【個人再生】
手続き費用 …… 30万円
 
*お支払いは、分割支払い対応可能です。
*訴訟・個人再生につきましては、申立時に印紙代・予納金等の実費が必要になります。
*消費税が別途かかります。

(注)当事務所が代理人としてご依頼をお受けできるのは、140万円以内の請求に限ります。

アイフル過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

メールでのお問い合わせを24時間受付中 初回相談無料 0037-6030-17962

通話料無料 携帯電話からの通話も無料

お電話でのお問合せの流れ

事務所メッセージ

事務所概観

私ども、池末Ryomo司法書士法人は開業以来、特に多重債務問題に力を入れております。
皆様が平穏な生活に戻れるお手伝いができればという想いで、この問題に向き合ってきました。
当事務所では、一人一人のご相談に時間をかけてヒアリングを行っており、秘密厳守の観点から完全予約制・完全個別相談とさせて頂いておりますので、これまで借金問題の相談に不安を感じられていらっしゃった方も安心してお問合わせ頂ければと思います。
依頼を正式にお受けするまで相談は無料でお受けしています。
1人でお悩みにならず、一度お気軽にご相談ください。

事務所概要

事務所名 池末Ryomo司法書士法人 足利オフィス(イケスエリョモシホウショシホウジン アシカガオフィス)
所在地 栃木県足利市朝倉町2-18-3KKタウン205
大きな地図で見る
代表者名 池末 晋介
所属司法書士会 群馬司法書士会
営業時間 平日9:00~19:00
(時間外でも、事前に予約を頂ければご相談に応じます。)
(面談は事前予約制です)
最寄駅 東武和泉 足利市 足利
取扱地域 栃木県 茨城県

アイフル過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

メールでのお問い合わせを24時間受付中 初回相談無料 0037-6030-17962

通話料無料 携帯電話からの通話も無料

お電話でのお問合せの流れ

アイフルとは?

アイフルは、背後に銀行がついていない独立系です。 2009年度決算では赤字に転落し、消費者金融大手では初の私的整理である事業再生ADRを申請しました。 アイフル株式会社は、事業規模としては消費者金融大手6社(武富士・アコム・プロミス・アイフル・レイク・三洋信販)の1つでした。 アイフル株式会社は、2006年4月に約1900あるアイフルの全店舗に対して業務停止命令を受けました。一部の店舗だけではなく、全店舗が業務停止命令の対象となったのは、2005年11月の商工ローン最大手のSFCG(旧商工ファンド)以来のことであり、消費者金融大手では初でありました。