弁護士法人みずき栃木支部 宇都宮大通り法律事務所

icon_seach栃木県に対応

弁護士法人みずき栃木支部 宇都宮大通り法律事務所事務所写真
伊藤 俊太郎 (イトウ シュンタロウ)
弁護士法人みずき栃木支部 宇都宮大通り法律事務所 所属
この事務所の情報を自分や家族・友人等に、メールで送る事ができます。

過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

通話料無料 携帯電話からの通話も無料
0120-120-246 お電話でのお問合せの流れ
土日も対応可
事務所名事務所名 弁護士法人みずき栃木支部 宇都宮大通り法律事務所
営業時間営業時間 平日 午前9時30分~午後9時
土曜 午前9時30分~午後6時
※事前予約をいただければ、日・祝もご来所を承ります
住所住所 栃木県宇都宮市大通り2-2-3明治安田生命・黒崎ビル5階
最寄駅最寄駅 JR「宇都宮駅」西口より徒歩約5分

アイフル過払い金のポイント

【過払い金に関するご相談:0円】アイフルへの借金を長年返済している方は過払い金が発生しているかもしれません。まずは、お気軽にご相談ください。

■こんな方は過払い金が発生している可能性があります■
・過去10年以内に借金を完済している
・これまで6年以上返済を続けている

消費者金融やクレジット会社から、利息制限法の上限を超えた高い利息で借金をして、長期間返済をしている場合に過払い金が発生している可能性があります。
利息制限法に基づいて、今まで返済した金額を計算してみると、利息だけなく元本も返済し終わっていたり、支払いすぎているという状態が起こるのです。
この払いすぎていたお金は当然返還請求ができます。
また、消費者金融、クレジット・信販会社から借金をして完済している場合でも、完済後10年以内であれば過払い金の返還請求ができます。
お心当たりのある場合は、お早めに弁護士法人みずき栃木支部 宇都宮大通り法律事務所へご相談ください

費用目安

【ご依頼までの流れ】

◇Step.1 ご相談
 まずはご相談ください。
 電話、メール、面談、いずれの方法も無料で承っております。
 弁護士が直接ご事情をお伺いした上で、皆様のケースに合わせた最善の方法を提案させていただきます。
 祝日・休日や夜間も対応しております。お気軽にご連絡ください。

◇Step.2 ご依頼
 当事務所では皆様に安心してご依頼いただけるよう、料金体系を工夫しております。

 【相談料】
 借金問題のご相談は無料で対応しております。

 【任意整理】
 ■基本報酬 一債権者あたり20,000円(完済案件も含む)
 ■成功報酬 一債権者あたり20,000円(完済案件は除く)
 ■減額報酬 減額した額の10%
 ■過払い報酬 取り戻した過払金の20%(訴訟により取り戻した場合は、25%)

 ※完済後過払い金返還請求の場合は、実際に返還を受けなければ費用は一切発生しません。

 【自己破産手続】
 ■着手金 200,000円(管財事件の場合は10万円を加算)
 ■報酬金 100,000円

 【個人再生手続】
 ■着手金 250,000円
 ■報酬金 250,000円

 弁護士費用は分割払い、後払いが可能です。
 お気軽にご相談下さい。

※別途消費税がかかります。

土日も対応可

事務所メッセージ

事務所概観

【宇都宮駅西口から徒歩5分!】
弁護士へのご相談は解決への扉を開くことだと思います。
皆様が抱えるお悩みを経験豊富な専門家にご相談ください。
ご相談者のプライバシーにも配慮した落ち着いた複数の相談スペースで、弁護士が親身にお話をお伺いいたします。
お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
弁護士が、一人一人の方の事情や状況をお伺いし、適切で最善の方法を提供致します。

事務所概要

事務所名 弁護士法人みずき栃木支部 宇都宮大通り法律事務所(ベンゴシホウジンミズキトチギシブ ウツノミヤオオドオリホウリツジムショ)
所在地 栃木県宇都宮市大通り2-2-3明治安田生命・黒崎ビル5階
大きな地図で見る
代表者名 伊藤 俊太郎
所属弁護士会 栃木県弁護士会
営業時間 平日 午前9時30分~午後9時
土曜 午前9時30分~午後6時
※事前予約をいただければ、日・祝もご来所を承ります
最寄駅 宇都宮
取扱地域 栃木県
土日も対応可

アイフルとは?

アイフルは、背後に銀行がついていない独立系です。 2009年度決算では赤字に転落し、消費者金融大手では初の私的整理である事業再生ADRを申請しました。 アイフル株式会社は、事業規模としては消費者金融大手6社(武富士・アコム・プロミス・アイフル・レイク・三洋信販)の1つでした。 アイフル株式会社は、2006年4月に約1900あるアイフルの全店舗に対して業務停止命令を受けました。一部の店舗だけではなく、全店舗が業務停止命令の対象となったのは、2005年11月の商工ローン最大手のSFCG(旧商工ファンド)以来のことであり、消費者金融大手では初でありました。