STS法務司法書士法人 新橋支店

icon_seach東京都に対応

STS法務司法書士法人 新橋支店事務所写真
小松原 拓 (コマツバラ タク)
STS法務司法書士法人 新橋支店所属
この事務所の情報を自分や家族・友人等に、メールで送る事ができます。

過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

メールでのお問い合わせを24時間受付中 初回相談無料 お電話でのお問合せの流れ
事務所名事務所名 STS法務司法書士法人 新橋支店
営業時間営業時間 平日・土日ともに午前10:00から
住所住所 東京都港区港区西新橋1-18-6クロスオフィス内幸町603
最寄駅最寄駅 「内幸町」駅 内幸町A3出口より徒歩2分
「虎ノ門」駅 1番出口より 徒歩5分
「新橋」駅 日比谷口より徒歩6分
「霞ヶ関」駅 C3出口より徒歩7分
0120-740-159

通話料無料 携帯電話からの通話も無料

アイフル過払い金のポイント

アイフルの過払い金が発生しているか確認しませんか?≪引き直し計算無料≫≪メール相談も可能≫

過払い金とは、貸金業者がお金を貸し出す際の利息(利率)は、法律(利息制限法)で定められています。
その利率は借りる金額によって3つに区分されています。

【利息制限法(法定利息)】
借入元金 ~10万円未満・・上限利率 年率20%
借入元金 10万円~100万円未満・・上限利率 年率18%
借入元金 100万円以上・・上限利率 年率15%

ところが消費者金融やクレジット会社が実際に契約している利率は、24%や29%など定められている利率を大きく上回っています。

過払いになる目安として、利息制限法を超え出資法(29.2%)の範囲で貸付をしていた貸金業者との継続的取引が7年以上続いていれば、過払い金が発生している可能性は高いと思われます。
完済していれば確実に過払い金は発生しています。

過払い金返還請求など債務整理のことなら、STS法務司法書士法人にご相談ください!相談料は無料です。

費用目安

■相談料
過払い金・任意整理・個人再生・自己破産など債務整理に関する相談は無料

■着手金
1件20,000円
ただし、債務額が20万円以下の場合債務額の10%とします。
(完済案件は、頂きません)

■成功報酬
1件20,000円

■減額報酬
債権者の請求金額から減額された金額との差額の10%
(完済案件は、発生しません)

■過払報酬
回収(返還)額の20% (裁判の場合も変わりません)

個人再生&自己破産はご依頼内容により異なりますのて、詳しい料金についてはお問い合わせ下さい。
過払い金の返還の訴訟を行う場合、別途訴訟費用がかかります。                         
原則、司法書士費用は分割で承っておりますが、過払い金が発生した場合は、過払い金から相殺できますますので自己負担が少なくてすみます。

*尚、すべて税別の金額になります。

過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

メールでのお問い合わせを24時間受付中 初回相談無料 0120-740-159

通話料無料 携帯電話からの通話も無料

お電話でのお問合せの流れ

事務所メッセージ

事務所概観

STS法務司法書士法人は東京、神奈川、福岡に店舗を構える司法書士法人です。
STSは、身近な法律のお悩みについて、いつでも相談できるあなたの街の法律家を目指しております。
一人でお悩みにならず、STS相談専用ダイヤルにお気軽にご連絡下さい!

事務所概要

事務所名 STS法務司法書士法人 新橋支店(エスティーエスホウムシホウショシホウジン シンバシシテン)
所在地 東京都港区港区西新橋1-18-6クロスオフィス内幸町603
大きな地図で見る
代表者名 小松原 拓
所属司法書士会 東京司法書士会
営業時間 平日・土日ともに午前10:00から
事務所ページ https://www.sts-saimu.com
最寄駅 内幸町 新橋 虎ノ門 霞が関
取扱地域 東京都

過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

メールでのお問い合わせを24時間受付中 初回相談無料 0120-740-159

通話料無料 携帯電話からの通話も無料

お電話でのお問合せの流れ

アイフルとは?

アイフルは、背後に銀行がついていない独立系です。 2009年度決算では赤字に転落し、消費者金融大手では初の私的整理である事業再生ADRを申請しました。 アイフル株式会社は、事業規模としては消費者金融大手6社(武富士・アコム・プロミス・アイフル・レイク・三洋信販)の1つでした。 アイフル株式会社は、2006年4月に約1900あるアイフルの全店舗に対して業務停止命令を受けました。一部の店舗だけではなく、全店舗が業務停止命令の対象となったのは、2005年11月の商工ローン最大手のSFCG(旧商工ファンド)以来のことであり、消費者金融大手では初でありました。