よくある質問

  • 初回の相談料は本当に無料ですか?
    はい、無料です。当サイト掲載事務所は全て初回の相談料は無料ですし、通話料も無料です。
  • なぜ無料相談が可能なのですか?
    「見積もり」と同じです。
    みなさんは、大きな買い物をするときに見積もりを取ることはありませんか?弁護士や司法書士などへの「無料相談」もそれと同じです。
    あなたの現状を伝えて、解決するにはどんな方法があるのかを教えてもらうのです。もちろん、この時点では実際に解決してもらうわけではないのでお金は発生しません。
  • 相談したら、その事務所に依頼しなければならないですか?
    いいえ、そのようなことはありません。相談してみて、納得できたら依頼してください。
  • 0037から始まる電話番号も通話料が無料ですか?
    はい、無料です。0037から始まる電話番号は、フリーダイヤル0120と同じ通話料無料サービスで、直接事務所につながります。
  • 電話で話すのが苦手なのですが・・・?
    お問い合わせをすると、状況を確認するために事務所の方が質問をしてくれます。あなたはそれに答えているだけで大丈夫です。
  • 家族や職場などにバレずに相談したいのですが・・?
    周りの人に知られずに相談することも可能です。お問い合わせ時に、「秘密厳守で」と各事務所にお伝え下さい。
  • 弁護士・司法書士に怒られないですか?
    当サイトでは、問題解決の実績豊富な事務所のみを掲載しています。お悩みを抱える方への対応には慣れておりますのでご安心ください。
  • 自分に合った弁護士・司法書士を見つけるにはどうすればよいですか?
    まずは、相談してみることをおすすめします。「わかりやすく説明してくれるか」、「信頼できると感じるか」といった点で納得がいくことが大切だからです。
    もし納得がいかなかった場合には、他の事務所に相談してみてください。
  • アイフルとは?

    アイフルは、背後に銀行がついていない独立系です。 2009年度決算では赤字に転落し、消費者金融大手では初の私的整理である事業再生ADRを申請しました。 アイフル株式会社は、事業規模としては消費者金融大手6社(武富士・アコム・プロミス・アイフル・レイク・三洋信販)の1つでした。 アイフル株式会社は、2006年4月に約1900あるアイフルの全店舗に対して業務停止命令を受けました。一部の店舗だけではなく、全店舗が業務停止命令の対象となったのは、2005年11月の商工ローン最大手のSFCG(旧商工ファンド)以来のことであり、消費者金融大手では初でありました。